本文へスキップ

TEL. 011-631-1556

〒060-0006 北海道札幌市中央区北6条西16丁目

社長の挨拶

社長の挨拶

昨年の北海道は、6月の低温日照不足その後の干ばつまた台風の影響による強風等で水稲・畑作・園芸作物全般に渡り、近年にはない大幅な減収となった。また9月上旬には、胆振東部地震が発生し震源地の厚真町を中心に、多数の人的被害や農業施設に多大な影響を与えた。被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。
 昨年末には、米国を除く11ヶ国による環太平洋連携協定(TPP11)が発効した。農林水産物の82%で関税が撤廃され、牛・豚肉など重要5品目でも関税が下がり、日本の一次産業にとって過去最大の市場開放となる。また本年早々にはEUとの日欧EPAが発効するなど自由化が拡大し、自動車など工業製品の輸出増と引き換えに、食糧自給の根幹を担う農業に犠牲を強いる政策は如何なものか。この協定の影響を配慮した万全な国内対策を図って頂きたい。
 また近年は野菜生産量の6割は、加工・業務用外食産業等の需要と言われる。野菜の加工技術や保持技術が飛躍的に進歩し、新しい需要を喚起している。また食事療法を研究する医師達の間で使われ始めた「スーパーフード」これは、栄養・健康成分が多く含まれた野菜や食品をサプリメントの様な位置付けで活用するなど、野菜生産の方向性も多様化している。
 「北海道キングメルティー会」も昨年は第47回となり、全道のお客様と行政・試験機関・卸売市場・青果物流加工業者を始め種苗・資材メーカー等と共に研修や情報交換の場としてご活用頂き、また「北海道メロンサミット」「北海道西瓜サミット」も例年開催されておりますので、多様の皆様のご参加をお待ちしております。
 弊社も「メロン」・「南瓜」中心に、優良品種の育成を行っておりますが北海道と共同開発で育成されたメロン「おくり姫」が注目されておりまた「キングメルティー」メロンも、再度府県への販売先が開拓されるなど更なる作付け増が期待されております。
 今年もまたお客様とより良い情報や英知を共有し、皆様に貢献出来ます企業を目指してまいりますので、変わらぬご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

2019年 新春

                                     株式会社 大学農園
                                   代表取締役 佐藤 昌一


 

株式会社 大 学 農 園

〒060-0006
北海道札幌市中央区北6条西16丁目

TEL 011-631-1556
FAX 011-641-0141